ユニークVPN 初期設定マニュアル

     
Windows端末 アカウントタイプ初期設定手順
本ページでは、WindowsPCで【ユニークVPN】を使用するための初期設定手順についてご説明します。本ページの手順は初回のみ行なっていただければ結構です。普段のご使用については『ご使用手順』をご参照下さい。
※本ページの説明はアカウントタイプでのご利用時の設定手順となります。ソフトウェアタイプでのご利用時にはこちらを、USBキータイプでのご利用時にはこちらをご参照下さい。
Windows10ご利用時の設定手順
①「設定」をクリックします

②「ネットワークとインターネット」をクリックします。

③ 左側コンソールから「VPN」をクリックします。

④「VPN接続を追加する」をクリックします。

⑤設定情報を入力し、【保存】ボタンをクリックします。
VPNプロバイダー:Windows(ビルトイン)を選択します。
接続名:任意の名前を入力します。(例:『VPN』など)
サーバー名またはアドレス:「ユニークVPN お客様設定シート」に記載されている「接続先サーバー名」を入力します。
VPNの種類:「事前共有キーを使ったL2TP/IPsec」を選択します。
事前共有キー:「ユニークVPN お客様設定シート」に記載されている「事前共有キー」を入力します。
サインイン情報の種類:「ユーザー名とパスワード」を選びます。
ユーザー名(オプション): 「ユニークVPN お客様設定シート」に記載されている「ユーザー名」を入力します。
パスワード(オプション): 「ユニークVPN お客様設定シート」に記載されている「パスワード」を入力します。

⑥ネットワークとインターネット画面に戻ったら、⑤で作成した接続名の接続をクリックして「接続」をクリックします

⑦「接続済み」と表示されれば接続完了です。
初回設定後の接続方法についてはこちらをご参照下さい。

Windows8ご利用時の設定手順
①以下のいずれかの手順で「ネットワークと共有センター」を開きます。

a.コントロールパネルから、「ネットワークとインターネット」→「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。
b.スタートメニュー右下の「ネットワークアイコン」→「ネットワークと共有センターを開く」をクリックします。

② 「ネットワーク設定の変更」→「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。

③「職場に接続します」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

④「インターネット接続(VPN)を使用します」をクリックします。

⑤「インターネットアドレス」に、「ユニークVPN お客様設定シート」に記載されている「接続先サーバー名」を、「接続先の名前」に任意の名前を入力します。(例:「ユニークVPN」など)
※現在のWindowsユーザー以外でも、このVPN接続を使用できるようにするには、「他の人がこの接続を使うことを許可する」にチェックして下さい。
※ログイン時にユーザー名とパスワードを保存したい場合には、「資格情報を記憶する」にチェックしてください。

⑥【作成】ボタンをクリックします。

⑦ 「ネットワークと共有センター」画面に戻り、「アダプターの設定の変更」をクリックします。

⑧ ⑤で入力した接続先名が表示されるので、右クリック→「プロパティ」をクリックします。

⑨[セキュリティ]タブをクリックしてください。

⑩「VPNの種類」を「IPsec を利用したレイヤー 2 トンネリング プロトコル (L2TP/IPSec)」に変更します。

⑪【詳細設定】ボタンをクリックします。

⑫「認証に事前共有キーを使う」にチェックし、「ユニークVPN お客様設定シート」に記載されている「事前共有キー」を入力します。

⑬【OK】ボタンをクリックします。

⑭[認証]項目の「次のプロトコルを許可する」をクリックし、下の「暗号化されていないパスワード(PAP)」と「チャレンジハンドシェイク認証プロトコル(CHAP)」をチェックします。

⑮【OK】ボタンをクリックします。これで、接続設定が完了しました。
初回設定後、2回目以降の接続方法についてはこちらをご参照下さい。